元警察官が防犯アドバイザーで自由を手に入れるまで

元警察官がフリー防犯アドバイザーを目標に「防犯」「警察からの転職」を発信

青い制服を捨ててから自由を追求する話

若い人ほど騙されやすい詐欺「スミッティング」について

スマホを落としただけなのに」という映画が流行りましたよね。

 私も過去にこんな記事を書きました。

↓この映画についての記事


この映画に対しては、個人的に恐怖よりも表現してる犯罪の方に目が行ってしまったのですが、内容としても多様な犯罪を見れたので面白かったです。

意外に怖かったしw

 

この映画を見るとスマホを使いこなしている方でもセキュリティには疎いことを、表していて情報セキュリティ意識を持つことの大事さがわかります。

 

スマホを使うのであれば、情報セキュリティに関しても意識していないと、あなたの個人情報が気づかないうちに抜き取られてしまっているかもしれません。

サイトやアプリでIDやパスワードを入力する時なんかは特に気を付けて欲しいと思います。

f:id:uol52402:20190617194401j:plain

 

若い人ほど詐欺に遭う

 スマホを使った詐欺というのは、高齢者よりも若い人のほうが被害に遭いやすいです。

単純にスマホを使っているのは、若い人が多いからですね、しかしこれだけスマホが普及しているにも関わらず、サイバーセキュリティ知識に関しては誰も教えてくれません。

知識のないスマホユーザーが、狙われてしまうのです。

 

被害に関しての調査結果もあり、偽装サイトへアクセスしてしまったユーザーは2018年の10月から12月には約44000件と、多くの被害が出ています。

しかし重要なのは数値ではなく、若い方のセキュリティ知識の不足にあります。

結局セキュリティの知識を待たなければ、被害が出続けてしまう。

 

詐欺の手口

スマートフォンには「SMS」というメッセージアプリがありますよね。

それを利用した詐欺師は、何らかの形であなたの電話番号を知り、入手した電話番号宛にメッセージを送ります。

そこで詐欺師が知りたいあなたのIDやパスワード、クレジットカードの情報を訳を作り直接聞いてしまうという手口です。

また、最近の傾向としては不正アプリをダウンロードさせるURLへ誘導するものもあります。

→例)「あなたの端末にセキュリティリスクが内在しています。」といったメッセージ

 

この、

 

ID、パスワード、その他の個人情報を送るように詐欺師が誘導する

不正アプリダウンロードさせる

 

手口の詐欺をスミッシングと言います。

 

何故信じてしまうのか?

詐欺師は何らかの方法で手に入れたあなたの電話番号を使用して、手あたり次第メッセージを送りつけます。

手あたり次第送っていれば、いつか信じる人にたどり着きます。

その中でも、セキュリティ知識のない方が騙されてしまいます。

 

また、有名なAmazonGoogleを名乗り、不正サイトにアクセスさせ、IDやパスワードを入力するように誘導する。

 

有名なサイトであれば、信じてしまう人もいます。

大手企業が安定しているという心理と同じで、自分の感覚よりも有名企業が言っていることの方が正しいと思ってしまいます。

 

パット見た状況で、誘導されたGoogleのサイトと殆ど似たようなサイトを見分けられますでしょうか?

私は無理だと思います。

 

実際にITに転職してから、研修で偽サイトの見分けをする機会がありましたが、見分けられた人は私も含め一人もいませんでした。

有名企業や公共機関を名乗られると、信じてしまうなら、騙されないように対策をする必要があります。

 

スミッシングの被害者にならない様にするには

1.「SMS」の心当たりのないメッセージには反応しない

3.パスワードを頻繁に変える

4.IDやパスワードはサイトやアプリごとに変える

5.不審なアプリはインストールしない

6.信頼できる人に相談する

 

心当たりのない人から来たメッセージに関したは、基本的に無視をするべきです。もし仮にそれが有名企業を名乗るものであっても、信用できないものであれば反応をしないでください。

見覚えのないメッセージに張り付けてあるURLにはアクセスしない

 

パスワードは、頻繁に変えるようにしましょう。

もしかしたら、どこかであなたのパスワードが漏洩して利用されているかもしれません。

 

また、あなたの使っているIDやパスワードを使い回ししていたら、ほかのアプリやサイトも全部同じなんじゃないかと思いますよね?

仮に同じだったとしたら、あなたの所有する他サイトのIDやパスワードが使用されてしまい、さらに被害が増大してしまいます。

そのため、IDやパスワードはなるべくサイトやアプリごとに変更しましょう。

 

不審なアプリの見分けについては難しいですよね。

まずはアプリが公式のものかどうかを確認し、不審だと直感的に判断したらインストールしないようにしましょう。

iphoneユーザーであればappleの審査を通さなければアプリ公開ができないようになっていますが、androidユーザーの方は注意です。

 

迷ったら相談です。

詐欺に騙される人の多くは、悩んだときに一人で解決してしまうことにあります。

「これ詐欺じゃないかな。」「ちょっと怪しい。」なんて思ったら、最初に信頼できる人に相談しましょう。

 

サイバー犯罪の怖さ

ネットでは何されるかわからないのにも関わらず、セキュリティ意識が低すぎてしまうと、結果的に自分が後悔することになります。

 

また、被害に遭ってしまったら取り返しのつかないことになるかもしれません。

まさに、スマホを落としただけなのにのように。

映画を見るだけでなく、本当にここで紹介されている犯罪が可能です。

スマホを落としただけなのに

新品価格
¥2,500から
(2019/6/17 19:41時点)

 

スマホやインターネットが手軽になった分、サイバー犯罪は他人事だと思わずに確実にセキュリティ知識を身につけましょう!

 

本日も当ブログにお越しいただき、ありがとうございます!

↓自己紹介です